行政書士の通信講座を始める前に読むブログ!!

フォーサイトの行政書士通信講座の全額返金保証

ま、タイトルの通りなんですが、フォーサイトの行政書士通信講座にて受講後の本試験に不合格だった場合、諸々の条件をクリアすればなんと受講料が全額返金される保証が新たに追加されました!

一応、フォーサイトの各資格講座の内容もチェックしてみましたが、現時点(2019/06/10)では行政書士の通信講座のみが保証対象となっているようです。
※試験的に1講座で全額返金保証の反応を見る感じでしょうか。

で、対象となる講座や全額返金保証の条件については以下となってます。

全額返金保証の対象講座
バリューセット3(基礎+過去問+直前対策+答練)
109,800円(税込)
全額返金保証を受けるための条件
  • 全ての確認テストにおいて100点を取得すること
    ※確認テストは受講開始後いつでも利用でき、何度でもチャレンジ可
  • 専用試験(学力テスト)を2回受検し、150点満点で平均120点以上を取得すること
  • 本試験:合格基準点の9割を満たすこと(300点満点中180点で合格の場合162点以上
  • 本試験:足切りの点数以上を取得すること(「一般知識」で24点以上
  • 本試験前に必要書類を提出すること
    ※本試験5日前までに受験票・本人確認書類のコピーと「返金申請書」を提出
  • 本試験後に必要書類を提出・教材の返送をすること
    ※試験結果通知書(不合格)のコピー、「返金希望」と記入したメモ用紙、教材一式、返金先口座情報

対象となる講座はパックコースで用意されているバリューコース1~3のうち、一番高額なバリューコース3のみとなってます。

で、条件については正直な感想でいうと
ここまで取れてたら普通に合格出来てんじゃね?

と、思えるほど結構ハードルが高い内容となってます。

確認テストはWEBで何回でもチャレンジできるので、まじめに取り組んでたらクリア出来る内容だとは思いますが、2回の学力テストで8割以上、本試験の6割近い結果が必要になるってところがなかなかのハードルとなってます。

まぁ、返金することが目的ではなく、まじめにしっかりと取り組んだ上でそれでも不合格だった、という範囲の方々の救済措置としての制度と見受けられますので、その辺を見極めつつ受講される方は検討するようにしましょう。
※「全額キャッシュバックだしダメでも痛手なし!」って考えの方は100%条件満たさない属性の方なんで止めときましょう、、

詳しくはフォーサイトの行政書士通信講座の本制度の解説ページに詳しく書いてますので、そちらでチェックしてみてください。

 

なお、フォーサイトの行政書士通信講座の詳細については当ブログの解説記事でチェックしみてください^^

フォーサイトで使用している教材については、図表を多く取り入れた視覚的に分かりやすいフルカラーテキストや専用スタジオで収録している通信講座専用のハイビジョン講義DVDなど、他の通信講座と比べて理解のしやすさという点においては一番の教材だと言えます。また...

2020年度向け 行政書士の通信講座人気ランキング!

  1. フォーサイトの行政書士通信講座

    フォーサイトの行政書士 通信講座

    フルカラーのテキスト、通信講座専用に作成されたハイビジョン撮影による講義など教材のクオリティはピカイチです。複雑な法律の仕組みも分かりやすい言葉で説明してますので初学者の方にオススメの講座です。

  2. スタディングの行政書士通勤講座

    STUDYing(スタディング)行政書士通勤講座

    参考書などの書籍を全く使わない画期的なEラーニングシステムを採用し実績を上げている資格講座です!受講料もリーズナブルで独学とそれほど変わらない費用で受講できるのもかなり魅力的!

  3. クレアールの行政書士通信講座

    クレアールの行政書士講座

    「合格必要得点範囲」を短期間で確実に習得できる非常識合格法によるカリキュラムが評判の講座です!学力に応じた講座コースが充実しており、初学者から学習経験者まで幅広いニーズに対応してます!