行政書士の通信講座を始める前に読むブログ!!

行政書士試験の受験資格や申し込み方法、試験日、合格点など、試験を受けるにあたって抑えておきたいポイントをまとめてみました。

特に申し込み忘れて受験できない。。とかになってしまうと元も子もありませんので、各イベントの日程感はカレンダーに仕込んでおきましょう。

受験資格

年齢、性別、学歴に関係なく
誰でも受験することが可能です。

受験案内の入手方法/申し込み方法

受験案内の入手方法

インターネット経由
7月第2週の公示日から行政書士研究センターのホームページにて掲載。

郵送経由
毎年8月上旬~9月初旬まで、各都道府県庁、各都道府県行政書士会等にて配布。

受験料

7,000円
※一旦払い込まれた受験手数料は、天災等の事由により、試験を実施しないこととした場合等以外は返還されません。

試験の申し込み方法

インターネット経由での申し込み
申し込み期間:毎年8月上旬~9月上旬まで

  1. 申込み条件に同意し、受験願書と顔写真画像を登録
  2. クレジットカード又はコンビニエンスストアで受験料を払込む
  3. 登録完了メールが届けば申込み完了
郵送経由
申し込み期間:毎年8月上旬~9月上旬まで

  1. 受験願書の記入と顔写真の貼付て用意する
  2. 専用の振替払込用紙で郵便局窓口にて受験料を払込む
  3. 願書に振替払込受付証明書を貼付し簡易書留で郵送する
  4. 書留がセンターに到着し、かつ、センターから不備等の問合せがなければ申込み完了

受験票の送付

毎年10月中旬~下旬
受験票には受験番号、試験場等を記載

試験日/試験科目/合格基準点

試験日

毎年11月の第2日曜日

試験会場

全国47都道府県の57会場にて実施

例)平成29年度(2017年)の行政書士試験 試験会場
都道府県試験会場
北海道北海学園大学 豊平キャンパス
道北経済センタービル
青森県青森中央学院大学
岩手県岩手大学
宮城県東北福祉大学 ステーションキャンパス
秋田県秋田大学 手形キャンパス
山形県ヒルズサンピア山形
福島県日本大学工学部
茨城県流通経済大学 龍ケ崎キャンパス
栃木県宇都宮大学 峰キャンパス
群馬県高崎経済大学
埼玉県獨協大学
千葉県日本大学理工学部 船橋キャンパス
東京都日本大学経済学部
武蔵大学 江古田キャンパス
中央大学 多摩キャンパス
明治大学 和泉キャンパス
立正大学 品川キャンパス
神奈川県青山学院大学 相模原キャンパス
新潟県朱鷺メッセ
富山県富山大学 五福キャンパス
石川県金沢医療技術専門学校
福井県福井大学 文京キャンパス
山梨県山梨大学 甲府西キャンパス
長野県JA長野県ビル
松本歯科大学
岐阜県ソフトピアジャパン(センタービル・大垣市情報工房)
静岡県日本大学国際関係学部 三島駅北口校舎
愛知県南山大学 名古屋キャンパス
三重県高田高等学校
滋賀県成安造形大学
京都府同志社大学 京田辺キャンパス
大阪府関西大学 千里山キャンパス
近畿大学 東大阪キャンパス
兵庫県神戸松蔭女子学院大学
兵庫県立神戸高等学校
関西国際大学尼崎キャンパス
奈良県奈良大学
和歌山県県民交流プラザ 和歌山ビッグ愛
鳥取県鳥取大学 鳥取キャンパス
島根県くにびきメッセ
岡山県山陽女子中学校・高等学校
広島県広島サンプラザ
山口県徳山大学
徳島県徳島大学 常三島キャンパス
香川県香川大学 幸町キャンパス
愛媛県アイテムえひめ
高知県高知県立高知小津高等学校
福岡県福岡工業大学
佐賀県佐賀大学 本庄キャンパス
長崎県長崎大学 文教キャンパス
熊本県熊本大学 黒髪南地区
大分県大分大学 旦野原キャンパス
宮崎県宮崎県立宮崎工業高等学校
鹿児島県鹿児島県建設センター
鹿児島県市町村自治会館
沖縄県沖縄大学

試験時間

午後1時~4時(3時間)

試験科目/問題数/出題内容

試験科目問題数出題内容
行政書士の業務に関し必要な法令等46問憲法、行政法(行政法の一般的な法理論、行政手続法、行政不服審査法、行政事件訴訟法、国家賠償法及び地方自治法を中心とする)、民法、商法及び基礎法学の中からそれぞれ出題し、法令については、試験を実施する日の属する年度の4月1日現在施行されている法令に関して出題されます。
行政書士の業務に関連する一般知識等14問政治・経済・社会、情報通信・個人情報保護、文章理解に関して出題されます。

試験方式/配点

科目試験方式問題数1問あたりの点数満点
法令科目等5肢択一式40問4点160点
多肢選択式3問8点24点
記述式3問20点60点
一般知識等5肢択一式14問4点56点
合計60問300点

合格点(合格基準点)

以下の3つの条件をすべて満たしたら合格。

  • 「行政書士の業務に関し必要な法令等」科目での得点が合格基準点以上である
  • 「行政書士の業務に関連する一般知識等」科目での得点が合格基準点以上である
  • 試験全体の得点が合格基準点以上である

基準点については例年「法令等」科目が122点以上、「一般知識」科目が24点以上、合計得点が180点以上で設定されておりますが、年度によっては調整が入ることがあります。

■行政書士試験の過去5年間の合格基準点
年度合格基準点
法令等
(244点満点)
一般知識等
(56点満点)
合計
(300点満点)
平成24年
(2012年)
122点24点180点
平成25年
(2013年)
122点24点180点
平成26年
(2014年)
110点24点166点
平成27年
(2015年)
122点24点180点
平成28年
(2016年)
122点24点180点

合格発表・合否通知書の送付

  • 毎年1月第5週の公示日に受験者全員へ合否通知書を送付
  • 合否通知書には合否、配点、合格基準点、得点を記載
  • 行政書士研究センターのホームページに合格者の受験番号、合否判定基準、合格基準点、正解等が掲載されます
  • 合格証については毎年2月下旬に送付

平成30年度(2018年度)向け 行政書士の通信講座人気ランキング!

  1. クレアールの行政書士通信講座

    クレアールの行政書士講座

    「合格必要得点範囲」を短期間で確実に習得できる非常識合格法によるカリキュラムが評判の講座です!学力に応じた講座コースが充実しており、初学者から学習経験者まで幅広いニーズに対応してます!

  2. フォーサイトの行政書士通信講座

    フォーサイトの行政書士 通信講座

    フルカラーのテキスト、通信講座専用に作成されたハイビジョン撮影による講義など教材のクオリティはピカイチです。複雑な法律の仕組みも分かりやすい言葉で説明してますので初学者の方にオススメの講座です。

  3. KIYOラーニングの通勤講座

    KIYOラーニングの行政書士 通勤講座

    参考書などの書籍を全く使わない画期的なEラーニングシステムを採用し実績を上げている資格講座です!受講料もリーズナブルで独学とそれほど変わらない費用で受講できるのもかなり魅力的!