行政書士の通信講座を始める前に読むブログ!!

27682168_m
2019年11月10日(日)に実施された令和元年度行政書士試験の試験結果が一般財団法人 行政書士試験研究センターの公式ホームページで公表されましたので、こちらのブログでもまとめてみました。

また、各資格学校での試験総括(動画解説)も掲載してますので、ぜひ参考にしてください。

令和元年度行政書士試験合否判定基準

試験の配点

科目試験方式問題数1問あたりの点数満点
法令科目等5肢択一式40問4点160点
多肢選択式3問8点24点
記述式3問20点60点
46問244点
一般知識等5肢択一式14問4点56点
合計60問300点

合格基準点

次の要件をいずれも満たした者を合格とする。

  1. 行政書士の業務に関し必要な法令等科目の得点が、122点以上である者
  2. 行政書士の業務に関連する一般知識等科目の得点が、24点以上である者
  3. 試験全体の得点が、180点以上である者
  4. ※本年度の合格基準は、試験問題の難易度を評価し、補正的措置を講じてあります。

試験問題に対する措置

令和元年度行政書士試験の「問題28」(法令等5肢択一問題)について、複数の正答が考えられると判断されたため、受験者全員に4点が配点されてます。

参考:
令和元年度行政書士試験合否判定基準(PDF) | 一般財団法人 行政書士試験研究センター

令和元年度行政書士試験 合格率

■行政書士試験の合格率(今年度/前年度比較)
項目今年度
(令和元年)
前年度
(平成30年)
前年度との比較
申込者数52,386人50,926人+1,460人
受験者数39,821人39,105人+716人
受験率76.0%76.8%-0.8%
合格者数4,571人4,968人-397人
合格率11.5%12.7%-1.2%
合格者平均得点196197点-1点

参考:
令和元年度行政書士試験実施結果の概要 | 一般財団法人 行政書士試験研究センター

受験者数については、平成22年から連続で減少傾向にあったのが、去年→今年で久々の増加となっておりますね。

ただ、全員正解扱いの4点加算の措置、かつ合格基準も前年同様にも関わらず去年よりも合格者数が少なかったという点で、試験難易度は結構高かったと結果より推測されます。

令和元年度試験の講評・総括(各資格学校の講師評)

フォーサイト 福澤繁樹講師 令和元年度行政書士試験 試験講評


クレアール 杉田徹講師 本試験徹底分析会

本試験徹底分析会資料[PDF]

アガルート 豊村慶太講師・林裕太講師による本試験分析対談

大原 持田祐次講師 2019年行政書士本試験総評


LEC東京リーガルマインド 日高正美講師 令和元年度行政書士本試験講評

伊藤塾 志水晋介講師 2019年度行政書士試験 総評

2020年度向け 行政書士の通信講座人気ランキング!

  1. フォーサイトの行政書士通信講座

    フォーサイトの行政書士 通信講座

    フルカラーのテキスト、通信講座専用に作成されたハイビジョン撮影による講義など教材のクオリティはピカイチです。複雑な法律の仕組みも分かりやすい言葉で説明してますので初学者の方にオススメの講座です。

  2. クレアールの行政書士通信講座

    クレアールの行政書士講座

    「合格必要得点範囲」を短期間で確実に習得できる非常識合格法によるカリキュラムが評判の講座です!学力に応じた講座コースが充実しており、初学者から学習経験者まで幅広いニーズに対応してます!

  3. スタディングの行政書士講座

    STUDYing(スタディング)行政書士講座

    紙のテキスト・問題集を全く使わない画期的なEラーニングシステムを採用し実績を上げている通信講座です!受講料もリーズナブルで独学とそれほど変わらない費用で受講できるのもかなり魅力的!